TERMS OF SERVICES | Close it

Logo


Crosley Cruiser レコードプレイヤー (Peanuts 2016 モデル)

SKU : 2016000011784

Crosley Cruiser レコードプレイヤー (Peanuts 2016 モデル)

SKU : 2016000011784

¥18,600 税込

在庫状況: 在庫あり

または

2013年のレコードストアデイで登場して以来、2年以上のロングセラー製品となったPeanuts レコードプレイヤーの2016年モデルになります。今回は日本でも大人気のスヌーピーと音楽が大好きなシュローダーとの愛らしいやりとりが描かれたデザインになります。Peanutsファンの心をくすぐるアイテムに仕上がりました。

※本商品は直輸入品(海外正規流通品)です。直輸入品の特徴についてはご案内ページをご覧ください。
※本商品は保証【DMR保証:1年間】の対象です。
※本商品は送料、代引き手数料が無料です。
※JCB、Amex、Diners、Visa、Masterカードでのリボルビング払い、分割払い(3~24回)も可能です。

詳細情報
  • 詳細情報

詳細

□製品仕様

外寸(約):L11.7cm x W35.5cm x H26.6cm
質量(約):2.49kg 
駆動方式:ベルトドライブ
回転数:33 1/3、45、78rpm
スピーカー:ダイナミック・フルレンジ型ステレオスピーカー
アウトプット:RCA / ヘッドホンジャック
レコード針(ダイヤモンド針)×1 ※交換針はCrosley NP6 交換針(ダイヤモンド)をご使用いただけます。

※オート・ストップ機能により、針がレコードのレーベル付近に近づくと再生は自動的に止まります。この機能で7インチ等のラベル近くまで曲が収録されたレコードは途中で止まってしまう可能性がありますが、スイッチのON/OFFで解除することも可能です。

※フタは外れず、開けた際の角度は約150度になります。勢い良く開けるとフタとターンテーブルデッキを接合するヒンジを痛める原因となりますので、ご注意ください。

□付属品

・レコード針×1
・ターンテーブルマット×1
・7インチ・アダプター
・電源アダプター(PSE法適合)×1

□ご使用の前に

初めてケースを開ける際、ボディに使われている合皮が開閉箇所でくっついてしまい、開けにくい場合がございます。
フタを左右にずらしながら上に持ち上げると上手く開きます。

□故障・不具合かなと感じたら

1. 音が飛んでしまいます。

音が飛ぶ原因はいくつか考えられます。次の手順で不具合が解消されるか確認して下さい。

① レコードの盤面に付いたホコリを拭き取る。

レコードに付着したホコリが原因で盤面の溝にレコード針が上手く乗らず、音が飛んでしまうことがあります。
ホコリがレコードに付着するのは静電気が主な原因ですので、専用のクリーナーや静電気防止剤などで拭き取ってください。
若しくは、メガネやガラスなどを拭く際に使用する柔らかな不織布などを用いて優しく拭き取ってください。

② レコード針に付いたホコリを取り除く。

レコードにホコリが付いていることにより、再生時にレコード針にもそのホコリが付着してしまうことがあります。
手でホコリを取り除くとレコード針を折ってしまう恐れがあるので、エアーブラシのご使用をおすすめします。

③ 一度、レコード針を外し、再度取り付ける。

レコード針がカートリッジ部分にしっかり接続できていないと、音が飛んでしまうことがあります。
図の通りにレコード針を取り外していただき、再度取り付けてください。
またレコード針は消耗品になります。交換用のレコード針をお買い求めいただくだ際は、当該製品を購入いただいた店舗にお問い合わせください。

2. 音が歪む、ノイズが入ります。

音が歪む、ノイズが入る原因はいくつか考えられます。次の手順で不具合が解消されるか確認して下さい。

① レコードの盤面に付いたホコリや静電気を拭き取る。

レコードに付着したホコリや静電気が原因でノイズが入ることがあります。「プチッ」という音がした際は静電気が影響している可能性があります。
専用のクリーナーや静電気防止剤などで拭き取ってください。
若しくは、メガネやガラスなどを拭く際に使用する柔らかな不織布などを用いて優しく拭き取ってください。

② レコード針に付いたホコリを取り除く。

レコード針にホコリが付いていると、盤面の溝にレコード針が上手く乗らずにノイズが発生してしまうことがあります。
手でホコリを取り除くとレコード針を折ってしまう恐れがあるので、エアーブラシのご使用をおすすめします。


1と2においては、以下のようにレコード自体の盤面の状態が原因で問題が起きている可能性もあります。

・レコードの盤面の反り(歪み)がアームやカートリッジの追従能力以上に大きい場合
・レコードの盤面が薄く、溝も浅いため針が乗らない場合
・レコードのプレス不良の場合

上記3点においては、針圧を調整することができれば、問題なく再生できる可能性があります。
但し、当該製品は針圧が調整できないため、上記3点で起きた音飛びに関しては当該商品の不具合としてサポートを承ることができませんので予めご了承ください。